MENU CLOSE
JP

W-SERIES

(海外専売製品)

海外専用シリーズ、「W」。WinmaX製品は国内のみならず海外でも多くのモータースポーツで使用されています。
Wシリーズは海外の様々なレース、様々な環境下で最適なパフォーマンスを提供します。(国内販売はしておりません)

LINEUP

W1

低ダスト、低ノイズのストリート専用パッド

FEATURES

用途 ストリート
平均摩擦係数 0.29~0.32
対応温度域 常温~450℃
材質 ノンスチール材
  • 低ダスト、低ノイズの街乗り専用パッド
  • 低いローター攻撃性
  • 純正パッドのアップグレードとして
  • ストリート走行向け材質、ホイールの汚れが少ない

W2

ストリート走行で効きを重視する方へ

FEATURES

用途 ストリート
平均摩擦係数 0.32~0.35
対応温度域 常温~500℃
材質 ノンスチール材
  • 街乗りで確実な効きが欲しいドライバー向け
  • スポーティなペダルタッチを実現

W3

ショートサーキット等のスポーツ走行向けパッド

FEATURES

用途 ストリート/ミニサーキット
平均摩擦係数 0.34~0.37
対応温度域 常温~600℃
材質 ロースチール材
  • 効きと耐熱性を重視
  • 良好なリリースコントロール性と効きのバランス

W4

圧倒的なコントロール性が特長のミニサーキット用パッド

FEATURES

用途 ミニサーキット
平均摩擦係数 0.37~0.40
対応温度域 50~650℃
材質 ロースチール材
  • 踏力に対しリニアな効力特性
  • サーキット走行における優れたコントロール性を実現

W5

サーキット走行のスタンダードモデル

FEATURES

用途 レース、ラリー
平均摩擦係数 0.40~0.43
対応温度域 100~750℃
材質 ハイスチール材
  • 効きとコントロール性のバランスを重視
  • フルサーキット走行の標準モデル

W6

効力性能とパッドの耐摩耗性能のバランスに優れたパッド

FEATURES

用途 レース
平均摩擦係数 0.45~0.48
対応温度域 200~800℃
材質 ハイスチール材
  • 高温度域での優れた効力性能を実現
  • 急激なビルドアップがなくコントロール性にも優れます

W6.5

低温時の効きと初期レスポンスを求めるドライバーへ

FEATURES

用途 レース、ラリー
平均摩擦係数 0.47~0.50
対応温度域 50~800℃
材質 ハイスチール材
  • 低温~高温まで高い初期レスポンスと効力を発揮
  • 低温時の効きが求められるレース向け
  • W7をベースに低温時の効きと初期レスポンスを上げた材質

W7

Wシリーズで最も優れた効力性能と耐熱性を実現

FEATURES

用途 レース、ラリー
平均摩擦係数 0.48~0.53
対応温度域 100~850℃
材質 ハイスチール材
  • 全体効力、初期バイトを可能な限り高くしたモデル
  • 厳しいブレーキが求められるフルサーキット向け

WE1

耐摩耗性能に優れた耐久レース専用パッド

FEATURES

用途 耐久レース
平均摩擦係数 0.38~0.42
対応温度域 300~700℃
材質 ハイスチール材
  • 確かな効力性能と優れた耐摩耗性能を実現
  • 3時間程度の耐久レース向け材質