MENU CLOSE
JP

itzz

0.001秒を闘う戦士たちへ

シビアなブレーキセッティングが求められる
ジムカーナ、ダートトライアル、ラリーで国内シェアNo.1のブランド「itzz」。
15種類以上の摩擦材で各カテゴリ、ドライバーに
合わせた性能を提供しブレーキパフォーマンスを最大化します。
各カテゴリで圧倒的なシェアを誇る理由がここにあります。

LINEUP

R1

コントロール性重視のスラローム用
ABSの介入でお困りの方、FFでリアをロックさせたくない方に

FEATURES

主用途 FF車リア
スラロームフロント
平均摩擦係数 *1 0.22~0.26
対応温度域 常温~400℃
材質 ノンスチール材
定価(税抜) 20,000 円
  • コンパクトカーやFR、MR車でのスラローム競技車両をターゲットにした製品
  • ラジアルタイヤとの相性も良く、ブレーキアシストやABSとのマッチングにも配慮
  • 単に効きを落とすだけでなく、踏力に応じた効きが出る特性
  • 軽量化したFF車でリアのロックにお困りの方にも向いています
購入はこちら

R2

後輪駆動車のスラローム用スタンダード、
低μ路でのコントロール性を重視した材質

FEATURES

主用途 FF車リア
スラロームフロント
平均摩擦係数 *1 0.24~0.28
対応温度域 常温~450℃
材質 ノンスチール材
定価(税抜) 20,000 円
  • FRやMR車でのパイロンジムカーナ用としてのスタンダード
  • 低μ路で行われるダートトライアルなどで優れたコントロール性能を発揮します
  • 初期レスポンスはR1より強くなっています
購入はこちら

R3

初期レスポンス重視のスラローム用

FEATURES

主用途 FF車リア
スラロームフロント
平均摩擦係数 *1 0.26~0.30
対応温度域 常温~480℃
材質 ロースチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • FF車でのスラローム競技をメインターゲットにした製品
  • R2より初期レスポンスが強いのが特徴
  • ハイスピードコースジムカーナのFR、MR車でも十分に対応できます
購入はこちら

R4

ハイパワー4WD車のスラローム用スタンダード

FEATURES

主用途 スラロームフロント
平均摩擦係数 *1 0.28~0.32
対応温度域 常温~500℃
材質 ノンスチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • ハイパワー4WD車でのスラローム競技に最適です
  • ノンスチール材特有のフラットなトルク特性が特徴でコントロール性も優れています
  • R3より奥の効きが強い
購入はこちら

R5

効力を重視したスラローム4WD車、
軽量車のラリー車用 

FEATURES

主用途 スラローム効き重視
ラリーフロント
平均摩擦係数 *1 0.30~0.34
対応温度域 常温~600℃
材質 ロースチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • スラローム用の中で最も耐熱性が高い
  • 高温域のコントロール性能を重視
  • 軽量車のラリーに適しています
  • ハイパワー4WDのハイスピードジムカーナコースにも向いています
購入はこちら

R6

軽量~中量車ターマックラリー向けスタンダード

FEATURES

主用途 スラロームリア
ラリーフロント・リア
平均摩擦係数 *1 0.32~0.35
対応温度域 100~600℃
材質 ロースチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • 初期レスポンスに優れ、奥でのコントロール重視
  • 軽量~中量車のターマックラリーや中量車のグラベルラリー向け
  • R5より初期レスポンスと全体効力に優れます
購入はこちら

R7

中量級グラベルラリー車に最適

FEATURES

主用途 スラロームリア
ラリーフロント・リア
平均摩擦係数 *1 0.34~0.37
対応温度域 100~650℃
材質 ロースチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • マスターバック有の4WDのグラベルラリー車向け
  • 軽量車のターマックラリー向き
  • R6より初期レスポンスと耐熱性が高く、リアパッドに使うことでリア寄りのバランスになります
購入はこちら

R8

重量級グラベルラリー車、
ダートラのマスターレス改造車

FEATURES

主用途 ラリーフロント
平均摩擦係数 *1 0.36~0.40
対応温度域 100~650℃
材質 ロースチール材
定価(税抜) 23,000 円
  • 初期レスポンスはR7よりマイルドだが耐熱性が良好
  • 軽量~中量車のロングSSがあるラリー向け
  • マスターバック有の4WD車のロングSS用のコントロール性重視として
購入はこちら

R9

4WDのターマックラリーに最適

FEATURES

主用途 スラロームリア
ラリーフロント・リア
平均摩擦係数 *1 0.39~0.43
対応温度域 100~700℃
材質 ハイスチール材
定価(税抜) 27,000 円
  • 軽量車、中級車のロングSSがあるターマックラリー向け
  • マスターバック有の4WD車ラリー車のターマックラリースタンダード
  • ハイスチール材のため、耐熱性とハイスピードからの制動力に優れます
購入はこちら

R10

4WDのターマックラリーに最適

FEATURES

主用途 ラリーフロント
平均摩擦係数 *1 0.42~0.45
対応温度域 100~800℃
材質 ハイスチール材
定価(税抜) 30,000 円
  • マスターバック有の4WD車のロングSSがあるターマックラリー向け
  • 低温効力より高温での効力性能を重視
  • ロングSSにも対応した耐熱性をもっています
購入はこちら

R11

マスターバックレス車両向け商品

FEATURES

主用途 ラリーフロント
平均摩擦係数 *1 0.45~0.53
対応温度域 300~850℃
材質 ハイスチール材
定価(税抜) 32,000 円
  • マスターバックレス車両向け商品
  • 低温~高温まで高い初期レスポンスと効力を発揮
  • ロングSSにも対応した耐熱性をもっています
購入はこちら

備考

  • *1 弊社独自のスラローム競技やラリー競技をシュミレーションしたダイナモ試験コードによる結果です。そのためARMAシリーズとの摩擦係数の比較は出来ません。
  • ダイナモ試験条件が異なるため他社メーカー様の摩擦係数とは比較はできません。

RM1

スラローム競技専用・リアフルメタルパッド

FEATURES

主用途 スラロームリア
平均摩擦係数 *1 0.53~0.55
対応温度域 常温~300℃
材質 フルメタル材
定価(税抜) 30,000 円
  • スラローム競技向けのリア専用フルメタルパッドのスタンダード
  • フットブレーキとサイドブレーキの効力バランスを考慮した商品
  • 競技専用のため長期間の駐車でパッドがロータに固着する事があります
購入はこちら

RM2

サイドロック性能重視のスラローム競技専用・
リアフルメタルパッド

FEATURES

主用途 スラロームリア
平均摩擦係数 *1 0.55~0.60
対応温度域 常温~300℃
材質 フルメタル材
定価(税抜) 30,000 円
  • サイドロック性能を最重視したスラローム競技向けのリア専用メタルパッドです
  • RM1より効力が高く、サイドブレーキを引いた時のレスポンスに優れます
  • 競技専用のため長期間の駐車でパッドがロータに固着する事があります
購入はこちら

RM3

ラリー用リア専用フルメタルパッド

FEATURES

主用途 ラリーリア
平均摩擦係数 *1 0.48~0.53
対応温度域 常温~500℃
材質 フルメタル材
定価(税抜) 30,000 円
  • ラリー用リア専用メタルパッドです
  • 耐熱性を重視し高温でも効きの低下を防止
  • サイドロック性能はRM1より劣ります
  • 競技専用のため長期間の駐車でパッドがロータに固着する事があります
購入はこちら

備考

  • *1 RMシリーズとRSシリーズはリア専用試験コードでの数値なのでR1~R11シリーズとの摩擦係数比較はできません。
  • 弊社独自のスラローム競技やラリー競技をシュミレーションしたダイナモ試験コードによる結果です。そのためARMAシリーズとの摩擦係数の比較は出来ません。
  • ダイナモ試験条件が異なるため他社メーカー様の摩擦係数とは比較はできません。

RS1

リアドラムブレーキ用
ハイパフォーマンスブレーキシュー

FEATURES

主用途 高速向けシュー
平均摩擦係数 *1 0.30~0.35
対応温度域 常温~300℃
材質 ノンスチール材
定価(税抜) 12,000 円
  • リアがドラムブレーキの車両向け
  • 純正シューより効力を約20%UP
購入はこちら

RS1.5/RS2

サイドロック性能重視の競技用パーキングシュー

FEATURES

主用途 サイドターン用
インナーシュー
平均摩擦係数 *1 0.40~0.50
対応温度域 常温~350℃
材質 ノンスチール材
定価(税抜) 18,000円 (RS1.5)
26,000円 (RS2)
  • パーキングシューの車両用に専用開発
  • 圧倒的に高い効力でリアをロックさせます
  • 競技専用のためクリアランスを詰め過ぎると引き摺りが発生します
  • ※装着時は取扱い説明書の厳守をお願いいたします

    効きの違いで2つのパーキングシューがあります。
    RS2の方が効きが強くなっています。
購入はこちら

備考

  • *1 RMシリーズとRSシリーズはリア専用試験コードでの数値なのでR1~R11シリーズとの摩擦係数比較はできません。
  • 弊社独自のスラローム競技やラリー競技をシュミレーションしたダイナモ試験コードによる結果です。そのためARMAシリーズとの摩擦係数の比較は出来ません。
  • ダイナモ試験条件が異なるため他社メーカー様の摩擦係数とは比較はできません。