MENU CLOSE
JP

WINMAX製品で使用されている摩擦材について教えてください

※画面より広い表は左右にスクロールできます

特徴 メリット デメリット
ノンスチール材 ・スチールが入っていない材質
・日本車の純正パッドはほとんどがノンスチール材
・別名NAO材
・鳴きやホイール汚れが少ない
・街乗りでのパッドやロータのライフが長い
・効きの出方がマイルドで使いやすい。
・初期制動力(軽い踏力の効き)が弱い。
・ゴム等の有機分が多いためフェード性能が悪い。
・ハイスピードからの減速性能が劣る。
ロースチール材 ・スチール分が約30%以下含まれる
・欧米車の純正パッドに多い材質
・耐熱性や効力性能はノンスチール材より優れる
・ハイスチール材よりコントロール性が良い
・ノンスチール材より高温でのパッド摩耗量が少ない
・ハイスチール材より熱伝導性が悪いためキャリパへ熱を伝えにくい。
・初期制動(軽い踏力の効き)が強い傾向。
・鳴きやホイール汚れが発生する
・街乗りではパッドやロータのライフがノンスチール材より劣る
・ハイスチール材より耐熱性が劣る
・ハイスチール材よりハイスピードからの減速性能が劣る。
ハイスチール材 ・スチール分が約30%以上含まれる
・トラックやSUVの純正パッドに多い材質
・別名セミメタリック材、カーボンメタリック材
・高温での効力性能やパッド摩耗がロースチール材より優れる。
・ハイスピードからの制動力が優れる
・耐フェード性能に優れる
・奥で効きが立ち上がる傾向。
・低温域では効力が安定しない
・熱伝導性が高いのでキャリパへ熱を伝え易くヴェーパーロックが起こり易い
・コントロール性はロースチール材より劣る
・鳴きやホイール汚れが発生し、摩耗粉でホイールやボディーが錆びる。
・街乗りではパッドやロータのライフが短く、ロータ攻撃性が高くなる。
フルメタル材 ・金属粉を約1000℃で焼成(合金化)したもの
・樹脂等の有機物は0%
・パッド耐摩耗性が通常のパッドより2~3倍優れる
・4時間以上の耐久レースに向いている。
・低温域の摩擦係数が圧倒的に優れる。
・価格が高い。通常パッドの2~3倍
・熱伝導性がハイスチール材より高い
・高温での効力性能が期待できない。