MENU CLOSE
JP

フルサーキットでの走行をする際のサーキット別の推奨商品を教えて下さい

※画面より広い表は左右にスクロールできます

ブレーキ負荷 サーキット名 特徴 推奨商品* 車重
極大 ツインリンクもてぎ ロータ温度域は日本国内サーキットの中で最も高く、世界的に見てもブレーキに厳しいサーキットである。ストップ&ゴーのレイアウトで冷却時間もなく常にロータ温度が高い状態となる。耐熱性とパッド摩耗に優れた商品選びが重要。 AC2
AC3
AC4
AE1
軽量車

重量車
岡山国際サーキット ツインリンクもてぎの次に熱的に負荷の掛かるサーキット。ストップ&ゴーのレイアウトなのでロータ温度が高温となる。 AC1
AC2
AC3
AC4
軽量車

重量車
富士スピードウェイ ハイパワー車両では1コーナーで250km/hを超える車速から一気に減速が必要となり超高速からの減速性能が要求される反面、後半セクションでは比較的軽めのブレーキングもありリリースコントロール性も要求される。 AC1
AC2
AC3
AC4
軽量車

重量車
十勝スピードウェイ 全体的なスピードレンジが高く、高速からの減速性能が求められる。グランプリコースはロータ温度も高くなる。特に車重がブレーキ負荷に影響するコースである。 AC1
AC2
AC3
軽量車

重量車
スポーツランドSUGO 高減速のコーナーが少なく、比較的にロータ温度が高温になる事は少ない。絶対的な効きよりリリースコントロール性の高い商品が合っている。 AP3
AC1
AC2
軽量車

重量車
オートポリス 車重やパワー(車速)によりブレーキ負荷に差が出るコース。冷却時間が比較的長いのでロータ温度は上昇し難いが、ハイパワーな重量車種はロータ温度が高めとなる。 AP3
AC1
AC2
軽量車

重量車
鈴鹿サーキット コースのレイアウト上、ブレーキに大きな負荷がかかりにくい。ハードブレーキングのコーナーもあるが、リリースコントロール性重視の商品が向いている。 AP3
AC1
AC2
軽量車

重量車
注:あくまでも一般的な推奨商品であり、車種や車両のセッティング、使用タイヤ、ドライバの好みで変わります。

ミニサーキットでの走行をする際のサーキット別の推奨商品を教えて下さい

※画面より広い表は左右にスクロールできます

ブレーキ負荷 サーキット名 推奨商品* 車重
モータランド鈴鹿
鈴鹿ツインサーキット
本庄サーキット
AP2
AP3
AC1
AC2
軽量車

重量車
筑波サーキット2000
袖ヶ浦フォレストレースウェイ
スパ西浦モーターパーク
セントラルサーキット
タカスサーキット
TSタカタサーキット
日本海間瀬サーキット
阿讃サーキット
エビスサーキット西コース
AP2
AP3
AC1
AC2
軽量車

重量車
美浜サーキット
日光サーキット
筑波サーキット1000
富士スピードウェイ(ショートコース)
オートランド作手
スポーツランド山梨
AP1
AP2
AP3
AC1

軽量車

重量車
注:あくまでも一般的な推奨商品であり、車種や車両のセッティング、使用タイヤ、ドライバの好みで変わります。